週刊子育てブログ16

家事と育児

家庭と仕事の両立、とはよく聞く言葉だ。
その前にもう一つ、傍目にはわかりにくいが、子育て中の私たちが両立していることがある。
それは、家事と育児の両立だ。育児は家事の一部などではないということが、実際、自分もやってみるまでわからなかった。
洗濯物を干そうとすれば、足元に子どもがまといつき、昼寝の子どもは掃除機の音に目を覚まし、子どもに付き合っていては夕食の支度に取り掛かることができない。家にいるのだから、どっちもできて当然だ、と思っている人には声を大にして言いたい。この二つは二律背反なのだ。
そのことに気づかず、これらを完璧にこなそうと追求すれば大変なストレスに見舞われる。もともといい加減な私でさえ最初はなんとかこなさねば、という思いがあった。為せば為る、と考え、試行錯誤の挙句、疲れ果てて挫折した。
しかし手のかかる子どもを育てていればその他のことが適当なのは全く普通だ。
外から帰ってくる相棒がそれを許さない?
もし、そうならば説明が必要だが、そこそこうまくいっている日常を、自分自身、よくやっている、と心から認めていなければ、相手に対する説得力もゼロである。
ところで、それは本当だろうか。何も言われていないのに頑張りすぎていないだろうか。
どう思う?って、帰ってきたら聞いてみよう。家事と育児、一人できっちりこなしてほしいと思ってる?
案外、苦労のもとは自分、だったりして。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree