<12/15>暴力から自分を守る 子どものためのCAPプログラム

全ての子どもの安心・自信・自由を

CAPプログラムは、ワークショップ(参加型学習)の形をとっています。
知識を中心に教え込む従来の学習形態と異なり、参加者が自ら考え、意見を述べ、ロールプレイ(役割劇)に加わるやり方で進んでいきます。
ワークショップには、子どもワークショップとおとなワークショップとがあります。
CAPプログラムとは: http://www.cap-j.net/

今回は大人・子どもワークショップです。
大人と子どもは別室で行います。
*大人のみ・子どものみの参加もOK

お申込は
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/56521/

<対象>
子ども(低学年  1~3年)
大人 子どもの保護者 一般大人 学生等

<参加費>1人1000円
*被災地から避難されている方は無料でご招待します

<場所>東部児童館
<日時>12月15日(土)10時〜12時

CAPプログラムは、子どもに対する暴力(いじめ、誘拐、性的虐待など)に、子どもたちがどう対処したらいいのかを学ぶことができる米国で生まれたプログラムです。子どもたちが「安心」して「自信」を持って「自由」に生きることができるように、「自分を大切にする心」や「自分はかけがえのない存在」であることを伝え、人間としての権利意識を学びます。
子どもを守るべき弱い存在と見るのではなく、ひとりひとりが本来持つ力を引き出すために、みなさん一緒に考えてみませんか?
(CAPはChild Assault Preventionの略称です)

お申込は
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/56521/

子どもたちが危険な目に遭わないように常時見守っているわけにはいきませんので、自分で自分の身を守れる教育が必要です。
しかし今、学校で教えているのは「いかのおすし」そして、防犯ブザーを持たせて「知らない人にはついていかない」と言うぐらい?
知ってる人が相手だったらどうするの?
暴力から自分を守る方法を、子どもを怖がらせずに教えたい・・・。
それをしようとするのがCAPプログラムです。
一昔前は亀岡市内の小学校でもCAPプログラムが導入されていました。

自分の子どもが一定の年齢になったら受けさせたかったのですが、今はそういう予算がないようですので、自分たちで開催することにしました。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree